年末年始は

当院に限らずほとんどの動物病院が休診予定なはず。
こういうとき愛兎が体調崩すと何かと大変。

では、平穏にいくために必要なことは?

いつもと同じ飼育でいくこと。

・飼育環境を変えない
・普段食べたことない餌を与えない
・普段接しないヒトに触らせない

自然界で被食者のウサギは、身を護るため非常に用心深い生きもの。
ケージの中から眺める外の世界が少しでも変化すると、例えばタンスの位置がズレた程度でも警戒するといわれています。

愛兎は人間界の習慣など感知しないから年末年始といえど、あれ? いつもは(学校や仕事で)飼主さんいない時間帯なのになんでいるの? と、それだけで不審に思うかも。

とにかく可能な限りいつもと同じでお願いします。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ