小型化に対する私見

昔は、診察するウサギの平均体重は2kg前後はあったような気がします。
最小種のネザーでも1kg前後はあったと思う。
成体で1kg満たない子が来院すると、保定や採血に神経質になったものでした。

それが現在では・・・

昔のネザー並みのロップがいたり、700g前後の成体ネザーも珍しくない。
いつの間にか診る方も慣れてしまい、採血も普通に行っているけど。

ペットとして品種改良された時点で不自然なのですが、人為的に小型化が進むのは、より不自然で怖い気がします。

小さい = 可愛い という認識、何とかならないもんですかね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ