夜、斜頚を見つけたら

例えば、腸閉塞なら発生してから短時間のうちに危険な状態になるので、次日まで待たずに急いで夜間動物緊急診療所へ向かってほしい。
逆に生爪剥がしは、出血の外観から慌てがちだが、飼主さん自身で応急処置可能だから次日まで待てる。

では斜頚は?

突発的に発生する脳・神経の病気で、同一患者で治療までの時間差を比べることができないので、あくまでも私感ですが、症状(傾き・眼振)が出てから治療は、早ければ早いほど回復も早いと思います。

そういう意味では発見次第躊躇せず、夜間動物緊急診療所のお世話になってほしい病気です。

1つ星 (12 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カレンダー

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

このページの先頭へ