噛まれるのが怖いとな

愛兎を捕まえたりコントロールできない飼主さんの理由として、ウサギに噛まれるのが怖いというのがあります。

獣医師としての正直な気持ち言っても良いですか?

「何言ってるの? イヌ・ネコの飼主さんに笑われますよ」

イヌ・ネコもウサギと同様、飼主さんを自分よりも下とみなしたら噛みつこう、引っ掻こうとします。
それらはヒトに大きな傷を与えて深刻な問題になることもあり、実際愛護センターでは攻撃性を制御できず、残念ながら殺処分となるケースもあるほどです。
しかし殆どの飼主さんは、大凡のわがままで暴れん坊なイヌ・ネコを手懐け、リーダーとなり良好な関係性を築けています。

そして我々動物病院の獣医師は、ウサギに限らずイヌ・ネコにも嫌われる存在です。
彼らは治療という概念の無いまま、動物病院で苦痛の思いをするのですから、逆らいたい気持ちは当然です。
ですから飼主さんに懐いている動物であろうと、獣医師に敵意を示すことは珍しいことではありません。
この仕事を長いこと続けていれば、腕や足にイヌ・ネコから受けた傷跡を勲章とする獣医師は珍しくありません。
しかし、ウサギの噛まれ傷を持つ獣医師など、恥ずかしくて口にできないのが実状だと思います。

怖れず正面から堂々と立ち向かうことです。

怒らせてもイヌ・ネコより危険性の少ない生きものなんだから、思いきってやってみましょう。
あっ、骨は最も折れやすいから、力ずくにならないように。
と忠告すると、再び及び腰になるんだもんな。
どうすればいいんでしょう?

1つ星 (23 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ