体重測定せよ

あらゆる病気において、早期発見が治療が上手くいく要因になることは間違いない。

ことウサギでは、食われる側(被食者)の警戒心の強さと弱みを見せない用心深さ、豊富な体毛が病気の進行によって変化する体型(痩せゆく)の確認を困難にし、飼主さんが見つけたときには既に重篤な状態なことも珍しくない。

一つ一つの隠れた病気を見つけてくれとは言わない。
だが、痩せゆく体重は測定することで発見できるはず、それも早期に。

毎日とは言わない。
週に2回もしてくれれば十分だ。

愛兎の体重測定をお願いします。

1つ星 (15 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ