以心伝心

当院でのウサギの採血は、タオルで身体を包んで横寝にして、後肢の血管から取らせて頂いている。

やられるウサギは、へっちゃらタイプから怖がり、ぼーっとしているのから喧嘩っ早いのまで様々。。。
なのに不思議とどのタイプであっても採血を敢行できる。

私とスタッフの腕が良いから?

それも一理ありますが、実際にはウサギの協力。。。というか察知能力によるところが大きい。
興奮して呼吸が荒い状況なのに、いざ注射針を血管に刺すという瞬間になると、皆が一様に息を潜めて静にしてくれる。
顔面もタオルで覆って視界は塞がれているのに、何故に察知できるのか?

多分、私とスタッフから発せられる緊張感を感じ取って、自らも最大限の警戒状態に入り込むからだろう。
そのタイミングが感嘆するほどバッチリで、覗き込めば飼主さんにも確認してもらえます。

今日一番わかり易いバッチリだった空太くん。

1つ星 (20 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カレンダー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

このページの先頭へ