一番 or 二番 or 三番? の回答

OXBOW社の日本代理店(株)ジュピター様から、先日の牧草に関する質問の回答を頂きました。

以下転記

以前、OXBOWの牧草についてのお問い合わせをいただいておりました。
その返事をさせていただきます。

先生がおっしゃる通り、OXBOW製品パッケージには「何番刈り」という選別方法はございません。
OXBOWの考えとして、牧草の品質がまず1番大事という考えがあります。
とても良い質の1番刈りもあれば、すばらしい2番刈りもある事がございます。
その逆で、1番刈りの出来がとても悪く、また2番刈りも良くないという場合もあります。
「食べてくれる」牧草探しは、飼い主の方のストレスにもつながりますので、一緒に共に楽しく暮らしていくためにも、いろんな牧草を楽しんで食べてもらえるような、うさぎにしていく事が大事でありオススメします。
うさぎたちは、非常に美食家で飽きやすいです。
牧草は主食ですので、飽きずに毎日無制限に食べてもらうためにも、ハーブ入りや色んな食感を楽しめるように、食事に変化をもたせましょうというのが、OXBOWの考えでもあります。
常にいろんな種類の牧草を与えていれば、自然の中で生活するうさぎ同様、その日のうさぎ自身の気分や自分が食べたいものを選んで食べるというものに近い環境になります。
うさぎ自身が今、自分にとって何が必要かわかっています。

従って、何番刈りかでななく、全体的な品質をOXBOWは見ています。
OXBOWの牧草は、畑(土壌)から袋詰めし出荷するまでに26項目の品質チェックを受け、必要な品質に見合うよう管理されています。手触り・香りなど熟練した検品チームが五感をフルに研ぎ澄まし、手作業で最上級の牧草のみを選別し袋詰めしています。

先生がおっしゃるように、1年を通し収穫された牧草を食べることによって、自然の中で生活するうさぎと同じように、葉も茎も穂(ひらききる前のもの)も、いろいろな状態の牧草を摂取できる、うさぎになってきます。
うさぎの好みを探して、その牧草(1種類)だけを与え続けることも、ある方向から見るとうさぎのためを想っていいことかとしれませんが、毎年毎回同じ品質の牧草を収穫できるということは不可能です。
どうしても、その年の気候等によっても品質は変わってきます。

という事でした。
なるほどー、ですね。

1つ星 (2 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ