ハナコとタロウ

生後半年の兄妹ウサギを飼いだした、ウサ飼い初心者の少年が来院した。

自分でメスだと思った方をハナコ、オスだと思った方をタロウと命名、その真実を確かめにやって来てくれた。
結果は。。。
残念、ハナコがオスで、タロウがメスでした。
名前を入れ換えて飼いましょう。

もうひとつ気をつけるのは、そろそろ2匹は成熟します。
兄弟であっても異性ですから、仲良くさせ過ぎると一瞬で不本意な繁殖が成立してしまいます。
また、兄弟であっても互いのテリトリーを確保してあげないと、派手な喧嘩につながります。
それぞれ独立したケージとキャリーを用意して、個別飼育は当たり前、ケージも仲良く並べるのではなく、可能な限り離して設置してあげた方が、互いにストレスが軽減します。

加えて、最低限オスは去勢手術してあげて、満たされない性欲は排除してあげる必要があります。

という説明を少年にしても理解できないから、付き添いの母上に詳しく話すのだが、ご子息の手前、意図的にファジーな言葉を選んで説明するのが結構難しい。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ