ツメダニ感染の診断

当ブログでも何度か紹介したウサギのツメダニ感染。
背中の皮膚にフケが見られます。
CIMG4396 2

ダニは皮膚の下にトンネルを掘って生活しているので、ウサギは非常に痒がっています。
セロハンテープでフケを取っただけでは、皮膚の下に潜んだダニを検出できない場合があるので、歯科用器具を使って少しだけ皮膚を削ってから検査材料を採取します。
CIMG4398

それを顕微鏡で観察すれば
ダニや
0728102259

その虫卵が観察できます。
0728102542

残念ながら飼主さんが肉眼で確認することは無理なので、フケを少しでも見つけたら病院で検査しましょう。
強い痒みから痙攣用発作を起こすこともありますから、感染したら早く治療してあげたい病気です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ