ツメダニが感染していた場合

ウサギのツメダニ感染は、命を落とすような病気ではありませんが、強い痒みと不快感が伴います。

一本の被毛に卵が産み付けられており、空調の流れに乗って飛散しますから、感染が確認されたら院内感染を防ぐため、他事は置いてツメダニ治療だけにさせてもらうことがあります。
飼主さんとしては、愛兎のあれもこれも、心配事を一回の診療で全て解決したいでしょうが、先ずはツメダニを退治してからとさせてください。

院内の感染対策に、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

1つ星 (22 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ