キャリー(夏場)

先日、温湿度計付きキャリー紹介しましたが。
まだウサギ用キャリーが一部浸透しておらず、今日のような週末診療で尿をぶっかけられると凹みますので、来院される飼主さん、必ず改良キャリーに愛兎入れて来てください。

キャリーはほぼ密閉空間となりますので、夏場の対策も。
扇風機?
少しは効果あるかも。
私的に一番効果的なのは保冷剤だと思います。

また、愛兎がキャリー内で動き回ってもアクシデントが起きないように。
こんなことはダメです。
これは言語道断

保冷剤、欲しい方は差し上げますので申し出てくださいね。

1つ星 (11 投票, 平均: 1.00 / 1)
Loading...

Comments are closed.

サブコンテンツ

このページの先頭へ