ウサギ梅毒

Treponema paraluis-cuniculi感染によって起きる生殖器と鼻周辺の皮疹です。

主な伝搬経路は交尾ですが、母子間での経産道感染や接触感染もあります。
感染後暫くは発症せず、不適切な飼育やストレスによる免疫低下により発症しますから、交尾や母子関係の心当たりがないウサギでも起き得る病気です。

当院では患者さんの血清を用いたRPR試験で診断し、内服か注射による治療を行います。

発症
治療後

1つ星 (11 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カレンダー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

このページの先頭へ