ウサギをコントロール

先日の勉強会でももちろん、毎回講義の最後に受講者に披露するウサギ・コントロール実演。
初めて見る受講者は、皆一様に感嘆の声の後、自分にはできんと悲観的な表情に変わります。

皆さん、大丈夫でっせ。

今まで指導して結局できなかった飼主さん、一人しかいないんだから。
諦めずに愛兎と勝負し続けることで、必ず飼主としての威厳を勝ち取ります。

ウサギをコントロールするとは、

先ずウサギを静止・集中させて

次に抱き上げる

これができれば、ウサギの身体の隅々のチェックも可能で、飼主さん自ら病気を迅速に発見することが可能になるし、何よりも愛兎との密接な関係が築けます。
頑張りましょう!

1つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ