ウサギの気道確保

ウサギを吸入麻酔する際の気道確保。
従来の方法は気管内にチューブを挿入する、ある程度技術を要する手技でした。

動画はアメリカのDr. Laurie Hessによるウサギの術前準備の様子です。
簡単そうに見えますが、日本の1〜2kgで短頭種(鼻が低い)のネザーやロップが主流のウサギには、難しい処置といえます。

そして今回、気管内にチューブを挿入するのではなく、咽頭の気道入口に密着させ気道確保するチューブV-Gelがアメリカで販売されました。
嬉しい事にウサギ用があります。
これで相当操作が楽になります。
日本でも販売されるといいですな。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ