イメージ

老齢ウサギが頻繁に下痢して、股間を汚して来院した。

歳取って腰が立たなくなり汚し易くなるから、ヒトのバスマットを床に敷いたり、定期的に薬用シャンプーで洗ってあげたり、飼主さんがやれる範囲で介護してほしい。

でも一番の対策は汚れの原因の下痢を止めること。
普通に考えれば歳取って消化に負担のかかるモノ食べて、消化不良による下痢が起きたのでは?
そう思って飼主さんに尋ねても「ペレットと牧草、身体に良いものしかあげてない」と胸張って言われる。
「そうですか、例えば果物なんか下痢し易いんだけどね」と私が付け加えると
「ええっ! そうなんですか? リンゴあげてました」と飼主さん白状というより驚いている。
この飼主さん、本気でリンゴは健康に良いと思っていた。
ヒトに対する栄養が、そのままウサギに当てはまると思っていた。

この歳になるまで大事に至らず無事に来れたことは幸運だけど、ヒトの勝手なイメージは怖いものです。

1つ星 (15 投票, 平均: 1.00 / 1)
読み込み中...

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ