どれくらい胃に溜まるか

5歳オスのミニウサギ、体重1.5kg

前日に柿を食べてから元気がなくなった。
次日来院されて、お腹を触ったら胃がパンパンに張っていた。
もう踏ん張りが効かなくて倒れそうになっていたので、飼主さんの説明もそこそこに処置をさせて頂いた。

鼻からチューブを通して、胃内の気体と液体を吸引し減圧すると、やっとウサギの顔つきが蘇ってきた。
あともう少し来院するのが遅がったら、危なかったかもしれない。

とれた胃内容は測ると70mlありました。
実際にはこの70mlプラス気体も相当吸引しました。

体重1.5kgの身体から70ml、これ60kg成人で換算すれば、3kg近い食べ物が胃に溜まった状態です。
相当辛かったんだろうと想像できます。

腸閉塞が発生してから、24時間以内にこのような状態になることは珍しいことではありません。
消化に負担のかかる炭水化物の摂取と季節の変わり目が、この病気の発生を助長したのかも。

飼主さんに日々愛兎のお腹を触って確認してほしい、と頻繁に本ブログで訴えるのは、ウサギに多く、死亡率も高い病気だからです。
そして予防するために、どういう事に気をつけるべきか考えて対策をとってください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ