お腹を摩る

ペレットやオヤツを食べ過ぎたり、毛繕いで被毛を飲込んだり、はたまたストレスがかかったり、環境の変化に順応できなかっり、ウサギは様々な要因で胃腸の運動能が低下します。

対策として、牧草中心の飼養に心がけ、ブラッシングを習慣づけ、ウサギにとって快適な環境を提供してあげる事が大切です。

もう一つ、簡単な方法を提案します。

それは、ウサギのお腹を摩ってあげる。

お腹を摩る事で、消化管が刺激され運動能が上がりますから、胃腸停滞の抑止効果となります。
飼主さんとの良好なコミニュケーション手段にもなります。

もちろん本格的に胃腸鬱滞になってしまったら、お腹を摩る程度では解決しませんから、潔く受診して治療してくださいね。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ