うさんぽで喜ぶのは。。。

ドッグビヘイバースペシャリストMASUMIさんの「ドッグランで喜ぶのは飼い主だけ。犬には迷惑だと気づいて」というコラムを読んだら、触発されて自称なんちゃって獣医師のオッサンも「うさんぽで喜ぶのは飼い主だけ。ウサギには迷惑だと気づいて」を書きたくなりました。

私的にはウサギを野外に出すことは賛成です。
概日リズムを整える効果があるので、正常な換毛と消化管運動に不可欠だと考えるからです。
しかしそれは、ウサギが安心して身体を休ませることができる限られた空間でのこと。

例えば外でリフレッシュさせようと、イヌの散歩のようにハーネス&リードで、公園などに出かけるとしたらどうでしょう?

捕食者に捕獲されたような感触になってしまうハーネスは、愛兎にとって気色悪いモノなんじゃない?
自分のテリトリー外の環境で、怖気付くことなく歩行することは可能なのか?
見渡すとカラスやイヌ、ネコがいるのに、身を隠す穴蔵がないじゃん。
何か起きたら、傍らにいる飼主って、本当に頼れるんかい?

調子こいて気づいたら、とんでもなく危なそうな店に入ってしまった恐怖に近いのでは?
酔ってもないのに勘弁してほしいですよね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ