「映画」の記事一覧

無花果の顔

55作目 2006年製作の女優・桃井かおり初脚本・監督作品。 作品のテーマは「花は無くても、実の有る人生」、ジャンルはファンタジーという期待感膨らむ作品を観てみてた。 固定観念は全く無視、桃井かおり独特の感性がそのまま作・・・

上映懇願

世界各国の映画祭で上映されるたび、失神者続出のホラー作品。 なのにカンヌ映画祭では上映後、5分間に及ぶスタンディングオベーションを受け、各地で映画賞を受賞しているという。 監督と脚本を務めたのは、フランス出身の新人女性監・・・

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

54作目 現在続編が公開中で、製作中のアベンジャーズ3にも出演するとされるなら観ておかねばと、遅ればせながら鑑賞しました。 何故にもっと早く観ておかなかったというと、登場人物のアライグマを見た瞬間、ああ、可愛い動物出せば・・・

ワンダーウーマン、世界で大ヒット中

日本での公開は8月25日から。 町山氏曰く「武闘派・ローマの休日」は、日本の女性にもウケるか?! やっとDCからもヒットが生まれた。 早く観たい〜。

エル・クラン

53作目 2015年のアルゼンチン製作、エル・クランとはスペイン語で一族の意味、1985年に実際に起きた犯罪映画。 1983年のアルゼンチン軍事独裁政権崩壊により、無職になった元エリート一家のプッチオ家。国の混乱期のどさ・・・

ドクター・ストレンジ

52作目 マーベルのニューキャラクター、2017年1月公開作品。 キャッチコピーは「上から目線の天才外科医。彼を目覚めさせたのは、魔術」 天才外科医スティーヴン・ストレンジ自身が事故にあい、治療のため向かったカトマンズの・・・

3時10分、決断のとき

51作目 1957年に公開された「決断の3時10分」のリメイクで、2007年ラッセル・クロウ、クリスチャン・ベール共演で製作され、西部劇としては久々のヒットになり、アカデミー賞にもノミネートされた。 10年前に劇場で観た・・・

FAKE

50作目 聴覚障害を抱えながらゲーム音楽などを手掛け称賛されるも、ゴーストライターによる楽曲を自作として発表し問題になった佐村河内守と、映画監督森達也によるドキュメンタリー。 「衝撃のラスト12分」に興味津々で鑑賞したが・・・

トランボ -ハリウッドに最も嫌われた男-

49作目 1940年代アメリカで、赤狩りの標的になったハリウッド映画界著名人10人(ハリウッド・テン)の1人であるダルトン・トランボの伝記映画。 自身のキャリアを失い、禁固刑に服し、家族や友人に犠牲が及んでも、言論の自由・・・

ジェーン

48作目 2016年製作、ナタリー・ポートマン主演のフェミニズム西部劇。 N師匠の推薦作品。 悪役のユアン・マクレガー、準主役のジョエル・エドガートンと、結果的には印象深くて正解な配役だと思うが、ここに落ち着くまで紆余曲・・・

このページの先頭へ