「映画」の記事一覧

キングコング:髑髏島の巨神

60作目。 キングコング映画としては通算8作目、しかしそんなことはどうでもよい。 重要なのは本作が、レジェンダリー・ピクチャーズ製作のモンスターバースシリーズとして、2014年の「GODZILLA」に続く2作目であること・・・

素晴らしきかな、人生

59作目 アメリカでは2016年のクリスマスに公開された寓話ドラマ。 人が「死」と対峙して、人生という「時間」を「愛」することができるようになるまでの話。 全体を通して、悲しすぎたり、説教じみていないところがよく、仮に自・・・

セル

58作目 2006年に発表されたスティーヴン・キングの同名小説の映画化。 セルとは携帯電話のことで、10年ちょっと前は通話が主流だったためこうなるわなー、現在ならLINEが主だろうから伝染は少ないかも。 単純なゾンビもど・・・

アサシン クリード

57作目 潜入アクションゲーム「アサシン クリード」の映画化。 ゲームの世界観を確認してみた。 原作のゲームよりリアリティーが増したストーリー、しかも肝心のアクションシーンはゲームマニアも納得させるものらしく、映画ファン・・・

マリアンヌ

56作目 ブラット・ピットの離婚の一因と噂された、2016年アメリカ製作の戦争・恋愛・サスペンス。 原題の「Allied」は、同盟の、同類の、の意味。 通に言わせると、本作は「カサブランカ」のオマージュ的色合いが濃いシー・・・

スクール・オブ・ロック、久々に観た

何度観てもこのシーンは最高。 生徒たちが習わされているのは、以下の4曲。 クラシックロックの名曲だ。

マーティン・スコセッシのボクシング2本目

来月公開予定の「ビニー/信じる男」は、80年代後半から90年代に活躍したボクシングのライト級・スーパーウェルター級世界2階級制覇王者のビニー・パジェンサの実話を元に製作された映画で、ビニーを演じる主演は「セッション」のマ・・・

無花果の顔

55作目 2006年製作の女優・桃井かおり初脚本・監督作品。 作品のテーマは「花は無くても、実の有る人生」、ジャンルはファンタジーという期待感膨らむ作品を観てみてた。 固定観念は全く無視、桃井かおり独特の感性がそのまま作・・・

上映懇願

世界各国の映画祭で上映されるたび、失神者続出のホラー作品。 なのにカンヌ映画祭では上映後、5分間に及ぶスタンディングオベーションを受け、各地で映画賞を受賞しているという。 監督と脚本を務めたのは、フランス出身の新人女性監・・・

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

54作目 現在続編が公開中で、製作中のアベンジャーズ3にも出演するとされるなら観ておかねばと、遅ればせながら鑑賞しました。 何故にもっと早く観ておかなかったというと、登場人物のアライグマを見た瞬間、ああ、可愛い動物出せば・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ