「雑記」の記事一覧

WBSSのテーマ曲からD-A-D

日本の井上尚弥選手も出場する、WBSSボクシング・バンタム級最強トーナメントのテーマ曲。 なんか聴き覚えのある声だと思ったら、1989年に話題になったデンマークのバンド・D-A-Dのボーカルでした。 当時のヒット曲が確か・・・

O’Keefe Music Foundation

アメリカの児童音楽財団。 子供たちの音楽を、プロが無料で録音する機会を提供しているらしく、ネット上に沢山の動画が発表されている。 選曲のシブさ、演奏技術の高さ、ボーカルの幼さが病みつきになりそう。

Operation: Mindcrime

最近再び聴き直している30年前の名作。 1988年発表、アメリカのプログレッシブ・メタルバンド・クイーンズライクの3枚目。 1曲目からエンディングまでが、ひとつの物語りとなって構成されている所謂コンセプト・アルバムで、捨・・・

もうすぐ絶滅するという煙草について

「パイプ随筆」に続いて、現代の禁煙ファシズムに対する反論本か?と表紙から推測して購入。 開高健「人生は煙とともに」に始まる肯定派の1章、谷川俊太郎「煙草の害について」からの世相との関係を綴った2章、安部公房「タバコをやめ・・・

パイプ随筆

パイプ大全に続き、日本パイプクラブ連盟常任理事を務める青羽芳裕氏編集による、著名パイプ愛好家たちの随筆集。 日本のパイプ文化の始まりである明治20年代、戦後復興期と60年代〜70年代の高度成長期にあった2回のパイプ流行期・・・

喫煙読書難民

連休3日目の今日は、午後からお気に入りのカフェに向かった。 パイプと葉巻を嗜むのだが、患者さんへの迷惑、そもそも匂いがこびり付くのも嫌だから、院内及び居住空間では一切吸わない。 そこは創業50年以上の老舗で、どの時間帯も・・・

Collecting Antique Meerschaum Pipes

1999年発行の英字本。 メシャムとは、長年にわたって海底の無数の貝殻が、粘土状の物質と融合しながら作られたマグネシュムの含水珪酸塩で、またの名を海泡石と呼びトルコが有名産地。 そのメシャムを材料に作られるパイプは、少な・・・

前川喜平「官」を語る

フリージャーナリスト山田厚史氏と、前文部科学事務次官でMr.「面従腹背」前川喜平氏との対談。 自営業の身にしたら、組織のなかでの職務と己の内心との葛藤、その処理法の面従腹背は新鮮で、とても興味深く読め、一連の行動に至った・・・

連休2日目

午前は愛知県図書館で調べもの、午後からグローバルゲートで買い物。 夜は地元の行きつけBar。 今夜はマスターがピンチヒッターのS君。

炭火ホルモンいずみからCollins BARへ

午後雑用を済ませた後、Coliins BARのマスターと、前から紹介したかった高岳の炭火ホルモンいずみへ。 ここの絶品仔牛の胸腺(リードヴオー)を頂く。 プラス裏メニュー、ワインまでご馳走して頂いた。 大将、いつもありが・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ