「ウサギの生態」の記事一覧

鳴き声

ウサギが発する鳴き声を聞くことは稀で、一般的な飼育環境では喜びや防御を表す唸り程度でしょうか。 稀に、相当警戒心が強く気が小さいウサギが、診察中に恐怖から甲高い声を発することがありますが、それ自体老齢や循環器・呼吸器が弱・・・

歳かな

当院オススメの牧草トイレ。 これ一つでトイレ、食餌、寝床、全部を兼ねる。 うちの愚息は、午後2〜5時くらいまで昼寝する習慣だ。 気持ち良さそうな姿を撮影しようと近寄ると、野生の血が警告を発するのか、直ぐに起きてしまう。 ・・・

トンパチ空

空ちゃんは4歳になる去勢済のロップイヤー。 彼、タマはなくなってしまったが、生まれつき肝っ玉がすわっていて、何に対しても物怖じすることがない。 脱線するが、昔カナダ人の酒飲みが、英語でも肝っ玉すわった奴のことを He h・・・

なぜ、動物病院へ連れて行かれるのがわかるのか

来院される殆どの飼主さんが言われるのが、愛兎を当院へ連れて来ようとすると気付かれるということ。 うさんぽとかショップへ連れて行くときと、緊張感が全く異なる。 もちろん当院へ来る方が、より緊張し怖がります。 道順や日本語が・・・

ウサギは悪母?

当院の待合室にも毎号置いてある雑誌の特集版「ナショナル ジオグラフィック にわかには信じがたい本当にあったこと 」のなかに、「動物界の悪母、ワースト4」というのがあって、ジャイアントパンダ、ハムスター、オナガカナヘビと共・・・

知らなかったなんて・・・

定期的に臼歯を処置させて頂いている患者さん。 今年で13歳になる。 だから毎回、興奮させないように、無理せず、でも必要な部分は確実に、可能な限り短時間で処置している。 その間の緊張感たるや、保定してくれるスタッフと私で相・・・

ケンカがなくなった

コニー&バニーは、共に1歳になるメスウサギ。 昨年の11月に初めて来院されたときは、互いにケンカが絶えない関係でした。 メスウサギは、自身が妊娠・出産・育児する立場から、安全な場を確保しようとする気持ち=縄張り意・・・

わんぱく息子ルカ

数日前、お父ちゃんを怪我させたわんぱく息子がやって来た。 まだ生後4ヶ月だというのに結構な図体、これなら親父と喧嘩しても勝つのは頷ける。あそこにも立派なモノをそなえていた。 今後もトラブルが続くなら、そのモノを切除するこ・・・

燃費と睡眠

昨日から今日にかけて名古屋は引き続き雨模様で、風も強い一日。しかし室内でのほほんと快適に暮らしているイナバは、先ほどから何度もあくびしております。私はその決定的瞬間を画像におさめようと頑張っているのですが、そこまで警戒心・・・

気をつけるのは当たり前だと思っていたけど

先日診療中の飼主さんとの会話。 「センセイのブログ読んで、うちの子も外に出すようにしました」 「いいことですね、喜んでると思いますよ」 「はい、庭を走り回ってます」 「事故が起きないように見ててあげてね」 「はい、たまに・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ