「ウサギの生態」の記事一覧

イナバのダチ

自然界ではウサギは被食者、イヌ・ネコは捕食者、決して仲良くできる間柄ではないので、基本的に彼らの同居はオススメしない。 しかしウサギもペットとしての歴史を積み重ねるうちに適応能力がついて、他動物と友好関係を築くようになっ・・・

できたウサギ

ミニレッキスのハッピー4世、名前からして賢く高貴なウサギだ。 飲み薬は自ら進んで飲みにくる。 これは少なからず他のウサギにもいる。 薬を美味しいと感じて、オヤツだと認識するからだ。 ハッピー4世は、目薬の点眼も自ら進んで・・・

自力で爪研ぎしてる?

うさこちゃんは3歳になるオス。 ここ1年、定期的に健診に訪れてくれるが、一度も爪切りをしていない。 爪が伸びてない。 飼主さんは何もしていない。 日常活発に動くウサギは、走り込んで後肢の爪は削れていることはある。 うさこ・・・

ウサギは匂いに敏感

まるちゃんは2歳オスのネザーランドドワーフ。 世話好きな飼主さんによって、ケージ付近に芳香剤が置かれ、身体にウサギ用スプレーをあてられていた。 自然界でウサギは肉食動物に捕食されないように、自分の気配を消そうとします。 ・・・

ウサギは人を見る

ウサギは絶食に耐えられない動物ですから、病気を治療し病状が回復するまで、強制給餌で間を持たすことがよくあります。 ウサギ用流動食を先太のシリンジに詰めて、無理やり食べさせるのですが、初回は必ず私が実演して飼主さんに見せま・・・

数珠繋ぎ便

ウサギは換毛期の毛繕いに伴い抜け毛を飲み込むと、結果として便に毛が混じるようになります。 便と便を毛が連結して、数珠繋ぎの便を排泄することもあります。 こんなとき、過剰に毛を飲み込まないように、頻繁にブラッシングすること・・・

オスの機嫌はタマを見よ

メルちゃんはロップイヤーの4歳オス。 当院には爪切り健診だけに訪れる健康優良児。 毎回爪切るときはこんな感じ。 タマがだらしなくダラーンと出てる。 自然界では・・・ 被食者のウサギは肉食動物に追いかけられると、自分の遺伝・・・

喧嘩させないために

他ウサギと同居しているセサミちゃん。 今日、去勢手術を受けた。 (画像は退院時の物凄い警戒態勢) しかし、術後すぐには他のウサギと一緒にできない。 彼は、まだしばらくオトコだから。 そして完全にオトコの気質が消失しても、・・・

ウサギの視界

そういえば、勉強会に出席してくれたお嬢ちゃんがくれた質問思い出しました。 「ウサギの目は、どんな風に見えているんですか?」 これ観てください、説明よりも体験してみるとわかりやすいでしょ。 参考に他の動物はこれ。 面白いで・・・

たぶん、苛立ち 2

くろちゃんは、歯も、それ以外の箇所も異常ない身体。 なのに過剰毛繕いで、下半身がこんな状態。 よくよく調べると、すっごくキツい匂いの芳香剤入りペットシーツを常用していた。 ウサギは匂いに敏感で、肉食動物に見つかって捕食さ・・・

このページの先頭へ