「ウサギのケガ・病気」の記事一覧

膀胱結石

昨日の手術の話。 ウサギは食べものから摂取の結果として、尿中にカルシウムを排泄する動物です。 ・餌中のカルシウム含有が高い ・水分摂取不足による濃い尿 ・排尿異常による膀胱内の尿の残留 によって膀胱内に砂や結石を形成し、・・・

嚥下障害の動画

先日の臼歯過長に続いて、ウサギの嚥下障害(食べ物を飲み込めなくなる)の動画を、別の飼主さんから提供して頂いた。 歯や口内に問題がなくても起きることがあって、発生頻度は少ないが診る機会があり、症状も今回の動画のように軽症か・・・

ソアホック、機転のきく飼主さん

ソアホック(足底皮膚炎)は主にウサギ本人、んっ、本兎?、あっ、ウサギ自身の発生要因(肥満、老齢)と、飼育環境の要因(金網床、狭小、湿気)が重なって生じる病気。 だから診察時、ウサギを入念に診させて頂くと同時に、自宅での飼・・・

ウサギ臼歯過長の動画

ウサギの歯は切歯・臼歯共に伸び続けるので、一度バランスを崩して不正咬合になると、その歯の磨耗不全の度合いにより、定期的にカットすることが必要になります。 切歯(前歯)は飼主さんでも観察することが可能ですが、臼歯(奥歯)は・・・

治療なしで経過観察

動物の代わりになって飼主さんは様々な症状や変化、病気を伝えてくれます。 ウサギの飼主さんは(当院の飼主さんは特にその率が高いのかもしれませんが)、こちらが驚くほど詳細で的確に説明してくださる方が多く、診察時は本当に助かり・・・

年内最後になるか?

年末年始の休診期間中に及ぶといけないから、緊急性のない手術は20日以降実施しないようにしているが、こちらの都合通りにはいかないもので、やはり年明けまで待てない手術を行った。 もともと太り過ぎなため、手術のリスクが高かった・・・

逆さ睫毛

ペットウサギは瞳を大きく改良された品種(その方が可愛く見えるから)なので、眼の病気や怪我が多い。 何か痛そうにしているなと思って 瞼を開いて見ると 逆さ睫毛だったりすることもある。 原因になっている睫毛は抜かないといけな・・・

いたずら食い3

前回のチョコレートに続いて、マグネットを食べてしまった患者さんが来ました。 そう、あの冷蔵庫とかにペタっと貼れる宣伝用のやつ。 剥がれて落ちたのをカリカリやってしまったのね。 飼主さんが慌てて連れて来たので、レントゲン検・・・

茶子、再び

昨年当ブログで膀胱結石のオペ、その後のダイエット体験を披露した茶子ちゃん。 今度は違う病気の治療で、2度目の手術に挑むことになりました。 当院に限っては、同じ患者さんに複数回開腹手術をすることは稀なこと。 加えて手術前、・・・

痛みを想像する

ネタ切れで気温の話ばかりしている感もありますが、たった10日前と比べても、最低気温が5℃も下がっている今日このごろ、気を付けてと注意している自分が見事に風邪ひきました。 深夜から喉が強烈に痛くなり、薬を服用しても治らず、・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ