「ウサギ」の記事一覧

ブウブウとプウプウの違い?

愛兎が鼻を鳴らす音、飼主さんのなかには気になる方もいらっしゃるようです。 「いつもはブウブウなのに、今日はプウプウなんです〜」 そんな僅かな変化にも関心持ってもらえるウサギが羨ましい独り身の私、あっ、そんなことはどうでも・・・

臨時休診(6/20)とうさぎの勉強会(6/23)

以前から告知しておりましたが改めて。 明後日6月20日は当院臨時休診です。 あれです、ゴールデンウィークは世情の流れに逆らって、患者さん第一に考え10連休などという大それた休みは取りませんでしたが、今回は働き詰めのスタッ・・・

手術の心境

今日は、うさぎとcafeさんのスタッフウサギを手術しました。 当院での手術の流れは、先ず手術当日の午前中早い時間帯に来院してもらい、血液・レントゲン検査をし、手術に向けて患者の健康状態を評価します。 その後、早速預かりま・・・

私の匂い?

休診日の朝、いつものようにイナバの世話をしようとしたら、なんだか普段と様子が違う。 最初こそ抱かれて大人しくしていたが、少しして何かに気づいてからは、私の存在をあからさまに毛嫌いする仕草の愚息。 んっ? なんで? 別に寝・・・

イメージして見つけてほしい

愛兎の口のなかの異常は、飼主さんが直に観察することは難しいでしょう。 一般的に臼歯の不正咬合は、牧草でなくペレットなどの固形食を主に食べて、歯の磨耗不足によって起きる病気です。 しかしなかにはネザーランドドワーフやロップ・・・

警戒イナバ

概日リズムを整えるため、朝9時から1時間ほどイナバを外に出しています。 油断すると直ぐに暑くなるので、診療の合間に室内に撤収させるのですが、今日はその様子をカメラに収めようとしました。

まだまだ元気です

ポポちゃんは13歳のメスウサギ。 視力・聴力は衰えてしまったが、身体が自由に動くので体つきはしっかりしています。 毛繕いも可能だから、毛玉もなく耳垢も溜まっていない。 まだまだ元気で長生きしてくれそうです。

実はすげー怒っている

ららちゃんは5歳のネザーランドドワーフ。 臼歯の不正咬合から顎下膿瘍になってしまい、頬が膨らんで食べることが苦痛になってしまった。 とても痛い治療なんだけど、診察室で頬の膨らみを切開し、膿をかき出した。 彼女は健気に頑張・・・

勉強会パート2から来る?

うさぎとcafeさんで月1で開催しているうさぎの勉強会。 少人数制ですが、毎月順調に受講者を募っています。 会場となるcafeさんを訪れたり、ネットから勉強会の存在を知りエントリーしてくれる方もいますし、当院に来院された・・・

ペレットについて気をつけること

稀に起きてしまう困ったことに、愛兎が常食していたお気に入りのペレットが、突然製造終了して買えなくなってしまうことがあります。 それなら何か適当な代替品を買って与えれば良いという訳にはいきません。 ウサギは消化管の働きが繊・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ