Edge of Seventeen

1981年、スティーヴィー・ニックスのファースト・ソロアルバムに収められた1曲。

当時HM小僧だった私は、何故かこの曲の雰囲気に惚れてしまい、彼女本人を知らんのに聴きまくっていた。
のちに音楽番組のライブ映像で、その容姿を確認し、更に好きになってしまい、思春期の外国人アイドル第一号でした。

2003年公開、ジャック・ブラック主演の学園音楽コメディ作品「スクール・オブ・ロック」

このシーン観て、思わずニンマリした私ですが、当の本人はぶっ飛んで50回も観たそうな。

久々にCDラックから取り出してきて、現在懐かしい想いに浸りヘビロテ中です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ