月刊 伊藤政則(仮)

一読して32年前に上梓された「セーソクの法則 場外乱闘エッセイ」を思い出した。
あの頃は氏が日本でブームを起こしたHM・HRの全盛期、その勢いのまま若気の至り満載の内容だった。
あれから32年、平成最後の年、本書は円熟期に入った伊藤政則解体新書第2弾だ。

それにしてもこの標本(失礼)、全く劣化がみられない。
「ハード・ロックを聴いてると歳をとらない」の都市伝説は本当か(これ、浜田麻里姫にも言える)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ