最近の好きな音楽

もうすーぐに感化されやがる。

好きなバンドAC/DCのアルバムで一枚といわれたら、ステレオタイプだけど「バック・イン・ブラック」だったのに、現在読んでいる「誰がボン・スコットを殺したか?」でボン・スコットを再評価してしまい、まんまと本書の狙い通り初期のアルバムを聴きまくっている。

また、新たな曲というとリッチー・コッツェンがいい。
5年前、ワイナリードッグスで発表したこの曲はシブかった。

そして今回ソロで新曲が出た。

これもオトナのロックですな〜。
どことなく故クリス・コーネルに似た歌声も◎。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ