前日計量それぞれ

明日のタイトルマッチの前に計量が行われ、王者田中恒成選手48.8kg、挑戦者アンヘル・アコスタ選手リミットの48.9kgで共に一発クリアしました。
田中選手、たった10日前まで4kgオーバーだったのに、リミットより100gも落としたのは凄い。
比べるのはおこがましいが、ここ数日空腹状態でジムトレしても微量しか減量してない自分の状況から想像するに、相当苦しい10日間だったと思います。

それにくらべて・・・
WBC世界フライ級タイトルマッチの王者ファン・エルナンデスが、200gオーバーで減量失敗し、2時間後の再計量を放棄でタイトル剥奪。
挑戦者の比嘉大吾選手に対して大変非礼なことですが、試合は予定通り行い、挑戦者が勝てば新王者となり、引き分けや王者が勝ちの場合、王座は空位となるとのこと。
しかし規定通り体重落としてこなかった相手との試合は、怒りとやりきれない思いで、闘争本能にも支障きたすのではないでしょうか。
計量失格直後の王者を睨みつける、比嘉選手が所属するジムの具志堅会長の憤慨を十分察します。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ