全身芸人 本物(レジェンド)たちの狂気、老い、そして芸のすべて

登場する芸人、最年少が1938年生まれで、戦後の厳しい世界を逞しく生き抜いてきた人たちの話は、我々にしたら壮絶だ。

彼らの話はそれぞれが戦後芸能史の貴重な証言であるが、著者が参考文献を丹念に当たって、裏取りしてくれていることで、誇張やハッタリは排除され、歴史資料としての価値がある一冊となっている。

登場人物六者六様で、それぞれが常人離れしているので、直接接したことのない世代でも、驚きと好奇心を持って読める。

間に入る写真も哀愁があっていい。

ネットで、亡くなる4ヶ月前の月亭可朝のPVを発見。

今となっては、心に沁みるブルースだ。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ