ヘレディタリー 継承

24作目

2018年アメリカ製作のホラー作品。

「直近50年のホラー映画の中の最高傑作」の謳い文句に期待大で鑑賞。
グラハム家の3代にわたるトラウマと戦う母・アニーの話で、悪魔崇拝のカルト教団が絡み、心理的 > 視覚的恐怖をそそる。
同種作品として、真っ先に「ウィッチ」が思い浮かんだ。
「ウィッチ」のアニャ・テイラー=ジョイと同様本作のトニ・コレットも、完全にホラー適正女優で、狂気に向かう演技は絶品だ。

尚、ディスクにはポストカードが付録としてあったが、こんなの誰に出せっちゅーねん。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ