ブラックパンサー

36作目

2018年制作、「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズ第18作品。

出演者だけでなく、監督、制作スタッフ大半が黒人で作られた作品であり、「アベンジャーズ」を超える興行成績を獲得したこと、内容は仮想超文明国ワカンダのアフロフューチャリズムと、現実社会アメリカでの黒人の歴史政治背景がくまなく表現された作品として話題になっている・・・が、暗さの無いカラフルな世界観が楽観寄り思考にさせられ、心身ともに強さが発展途上のヒーローにも乗り切れなかった。
続編に期待か。

私なら現実世界の狡猾さを怖れるが故、ワカンダの情報公開はしない。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ