パイプ

中古、カッコよく言えばアンティークパイプにハマっている。

お金に糸目を付けず、なんて品のないことせず、安価な掘出し物を地道に探すのが楽しい。
おおよそそれらは前の持ち主が相当使い込んで、見た目古びているので、その歴史ある外観を保ちながら、キレイにレストアするのがまた楽しい。

現在の最もお気に入りが・・・
イギリスパイプ界の某有名ブランド出で、自分の誕生年1968年製造の一本なのだが、通の間ではこの年の生産が、メーカー歴史上最高の出来とされているそうだ。
縁あって私のところにやって来て、キレイに変身し、これから相棒となる50歳だ。

このなかのどれか、わかります?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ