ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!

32作目

2017年フランスとドイツ合作。

「レオン」のリュック・ベッソンが原案・脚本・製作したとは信じ難い、まるで80年代ハリウッド・ノー天気戦争アクションもの、そう、ネイビーシールズ版「特攻野郎Aチーム」だ。

別に肩透かし食らったわけではなく、それは予告編観ただけで予想の範疇であり、目的は「セッション」のJ・K・シモンズ演じる超スパルタ・フレッチャー教師をレヴィン少将で再び、を期待して鑑賞。
「セッション」での、震えがくるようなヒリヒリ感はなかったが、この方の声、他人をどやしつけるには最高の音色と圧だ。

内容は完全にB級だが、昔はこんなアクションが派手だけの作品たくさんあったな〜、とノスタルジーに浸りなから観るのも時には良し。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ