サバービコン 仮面を被った街

17作目

2017年アメリカ製作のブラック・コメディ作品。

脚本にコーエン兄弟、監督はジョージ・クルーニーで、監督本人が主演も務めるつもりだったが、マット・デイモンが演じることになった。
1959年、アメリカの架空の街 サバービコンで起きるコメディ、サスペンス、人種問題・・・残念ながら最後にまとまりなく終わるため、もう一つ感動が得られなかった。

クワイエット・プレイス」にも出演していた子役のノア・ジュープは、不安顔を演じさせたら断トツだ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ