あの頃の声が今

一度聴いたら耳から離れない特徴的なボーカルが好きだ。

マニアックだが昔のオルタナティヴ・ロックバンドなら、フェイス・ノー・モアのマイク・パットンとか、アグリー・キッド・ジョーのウィットフィールド・クレーン。

前者は1989年発表のFrom out of Nowhere

後者は1992年発表のEverything About You

どちらも大学生の頃ヘビロテだった。
両バンドは現在も活動を続けているらしく、ネット上で最近のライブ動画を確認できるが、今やあの頃の声は出ていない。

だが、年輪を重ね貫禄が備わった現在も十分魅力的だ。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ