飲んでもらうか飲ませるか

ある飼主さんの証言。

ウサギの内服は、スポイトで無理矢理飲まそうとして嫌がったら、次から拒否反応が出て、同様な処置が不可能になるから、何か美味しいものに薬を混ぜて、騙して食べてもらうのがベスト。

と何処からかアドバイスされたそうな。

これってよくよく考えれば???となる。
無理強いしても嫌がるのは理解できる。
でも、いつも美味しいものに混ぜれば飲んでくれる薬ばかりとも限らん。
それに、ウサギにとって美味しいものって、おおよそ消化に負担がかかるものだろうから、それを病気の治療中に口に入れるのもどうか?

私、患者さんに処方する薬は一通り味見しています。
なかには一瞬「うえっ!」 となる薬もあるけれど、味より効果を重要視しないといけないし、この程度の「うえっ!」なら一瞬だから、というものを選んでいるつもり。

だから、ウサギの内服は、飲んでもらうより、断然飲ませてほしい。

それに、不味い薬でも、飼主がどうしてもってやることに、なんとか我慢して協力してくれるウサギ、その行いには互いの絆が感じられて、延々騙すのに比べたら、理想的な姿だと思いません?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ