頻繁に隅々触ってあげてほしい

来院された患者さんの、外貌上ではわからない、触れてみて初めて判明する病気がある。

例えば眼の病気で来院されたある患者さん。
片側の睾丸が、元の10倍くらい大きくなっていたのに飼主さんは気がつかず。
毎日餌あげて、ケージ掃除して、ウサギを遊ばせているだけでは、なかなか見つけられない。

偶然目の状態が悪化して来院してくれたので、運良く見つけて手術で取り除くことができました。

普段からウサギを抱っこして、隅々触ってみてほしい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ