目の傷

被食者として生き残る術を獲得したウサギの目はヒトと異なり、視野が広く瞬きが少ないのが特徴です。

また、ペットとして品種改良されたことによって、目を傷つけやすい顔面構造になっています。
可愛い顔立ちには欠点があるんですね。

目を受傷した直後は、画像のようなウインク状態になります。

これは羞明(しゅうめい)といい、目に痛みがあることをうったえる反応です。
両目同時に受傷しない限り、反対の目はパッチリしているはずです。
このウインク反応、時間の経過とともに消えることもありますが、痛みが取れただけで目の傷は治っていませんので、見つけたら直ぐに来院することを勧めます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ