牧草食べてくれないなら

不幸にも牧草を主食にしない生活を続けたウサギに、改めて牧草食べさせようとしても、なかなか上手くいかないものです。

オヤツを全廃しペレットも制限し、あとは牧草だけ置いておけば、空腹感に耐えかねて食べだしてくれるだろうと、強硬手段に出れば、たぶん、そのウサギは飢餓で死ぬでしょう。
牧草を食べる重要性を理解せず、ただ美味しくて楽に噛める餌を中心に食べ続けてきたのですから、なんとか騙し、咀嚼のトレーニングもしないといけない訳で、徐々に牧草に慣れさせる必要があるのです。

時間と工夫が必要なわけです。

先ずは、オヤツのない生活に慣れさせて、数日間それに耐えてくれたら、そこから徐々にペレットの給餌量を減らして、牧草に目が行くように仕向けたり。

どうしても牧草を拒否するなら、葉野菜で咀嚼に慣れさせて、その後改めて牧草を与えてみたり。

牧草をレンジでほんのり熱して、匂いを立ち上げたり(ウサギは匂いにそそられるから)。

大体以上のことをアドバイスしても、ダメだったら直ぐ諦める飼主さんが多いなか、コーヒーミルで牧草を粉状にして、それをペレット状に作って給餌し、徐々に形を崩し荒くして、牧草に慣れさせる、というオリジナル技を開発した天晴れな飼主さんもいました。

ウサギが根負けするまで、しぶとく努力を続けることが大切です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ