治療せずでも来る価値ありよ

ウサギは弱みを見せないよう病気を隠す動物だから、飼主さんは愛兎の観察を怠らないようにと、日々しつこく言っているのに、いざ飼主さんが愛兎を連れてきたとき、これこれやで治療せずという場合があります。

一瞬肩透かし食らった感じを受けるかもしれませんが、治療せずの理由、そこに関連した飼育管理法を説明し、さらっと他所のチェックも行いますから、決して来院する価値がなかったわけではありません。

私からの説明を受けることで(偉そうに<笑>)、飼主さんはウサギ知識を増やすことができますし、私も患者さんの健康状態の経過をカルテに記録していくことができます。

何より話すことで、飼主さんが安心することが一番大切ですよね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ