我流強制給餌フード

ウサギは、食べない状態で長時間身体を維持できる動物ではありませんので、病気治療中から同時進行で強制給餌(無理やり食べさせる)することがあります。
食べさせられればなんでもOKではなく、病気で弱った消化管に、負担が少なく吸収の優れたものでなくてはなりません。

残念ながら正規のウサギ用強制給餌フードは、獣医師の指示のもと正しい利用が求められるため、動物病院でしか購入できません。

なかには飼主さんが誰を頼ったのか、我流で調合された強制給餌フードを愛兎に給餌していることがあります。
往往にしてそのようなフードは、病中ウサギの消化吸収に対する知識が全く欠如した、高栄養一辺倒の組成になっていることが多く、給餌することによって、返って体調を悪化させる危険性があると思います。

先日ある飼主さんから見せて頂いたモノは、草食動物のウサギに給餌するのに、乳製品や蜂蜜がドサッと添加されており、私は思わず顔をしかめてしまいました。

愛兎に、何を選択して与えるかは、たとえ誰に勧められたとしても、飼主さんの自己責任です。

面倒がらずに獣医師に相談してほしいと思います。

当院推奨

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ