初診で思ったこと

今日は一日初診の患者さんが多い日でした。

初めて診させてもらう患者さんの場合、飼主さんが診てもらおうとする病気以外に、ウサギの生活全般を確認させてもらい、改めた方が良いことがあれば、その方法も詳しく指導させて頂きます。

いつも私は、大丈夫かなぁ〜、しっかり理解してもらえるだろうかぁ? と思いながら、初めて接する飼主さんの表情を伺いながら説明する。
一方飼主さんは、この先生の説明は正しいんだろうか? 今までやってきたことと違うけど・・・と半信半疑になっているかも。

飼主さんの信頼を勝ち取れるのは、愛兎の病気が治ってからだろうから、最初は探り合いなんだろうけど、理解してもらおうとする気持ちが強いあまり、やたら喋り捲るオッサン獣医師に圧倒されるようなことになってたら、この場を借りてゴメンなさいと言いたい(笑)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ