おばさんだけどおじさん

おじさん(ウサギの名前です)は7歳になるライオンドワーフ。

おじさんは、実はおばさん。
そう、メスなんです。

飼主さんが家族に迎え入れたとき、幼年期のおじさん(ややこしいな)は、まだペットショップで確かな雌雄判別がつかない状況で、その褐色の顔髪の凛々しい風貌から “おじさん” と命名してしまった。

しばらくして当院で早々にメスと判明したのですが、飼主さんは愛着ある名前だから変えずにそう呼び続けることにした。

よって、今となってはおばさんなんだけど、彼女はおじさんである。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ